PORIGAMI-dancing-house-2

ダンシングハウス


PORIGAMI-nerudovka-2

ネルドヴァ通り


PORIGAMI-oldnew-synagogue-2

新旧シナゴーグ


PORIGAMI_PRAHA_kubismus

キュビスムは20世紀初頭にパリからプラハへと伝わりましたが、プラハでは建築のスタイルとしてのみ発展を遂げました。
「黒い聖母の家」は、かつてその建築に施された石彫像にちなんで命名されました。建物の中にはギャラリーだけではなくカフェもあります。幾何学的な図形世界が広がるカフェに入り、
キュビスムを感じさせる椅子に腰かけてみましょう。「小さな棺」と呼ばれるカリカリした幾何学的な形のデザートと、キュビストが手がけたカップで出されるコーヒーをどうぞ!


PORIGAMI_PRAHA_petrin

ペトリン公園へやって来たら Petřín! と言ってみましょう。あなたが外国人観光客なら、きちんと発音できなくても大丈夫。チェコ語特有の[ r ] (ルとジュの間のような音)は、チェコのこどもたちだって正確に発音できるまでスピーチセラピストにお世話になるぐらい難しい発音なのですから。春にはデートをしたり、夏には本を読んだり、秋にはリンゴや洋梨をかじったり、冬にはそり遊びをしたり。プラハの美しい街並を一望できるペトリン公園は、四季を通して楽しめる最高の場所です。


PORIGAMI_PRAHA_panelaky

共産主義時代に関するマメ知識

panelák - プレハブ建築によるローコスト住宅地
(現在でもチェコ共和国内全ての住居の1/3に当たる)

trabant - 旧東ドイツ製の自動車(トラバント)
「Trabant 601の数字の意味は何かって?600人が注文したら、たった1人だけがやっと入手できるってことさ!」※共産主義時代の流通状態の悪さを皮肉るジョーク

欠けていた物資 - 生活必需品すべて、自動車、電気製品、食物や衛生品など(例えば1988年はトイレットペーパーが入手困難になり、わざわざ出かけて長蛇の列に並ばない限り手にすることはできなかった。)

MUKL - 使い捨てにされた人命と大量の政治犯
共産主義時代には25万人を超える人々が政治犯(ムクルと呼ばれた)とみなされた。


PORIGAMI_PRAHA_orloj

プラハの歴史的中心部にある旧市庁舎の時計塔からは、素晴らしい街の景色を眺めることができます。その天文時計は600年に渡って今も時を刻み続けています。時計は分単位では示されず夏時間になっても変わりませんが、毎時間おんどりの鳴き声を辺りに響かせます。


PORIGAMI_PRAHA_sokol

健全なる精神は健全なる身体に宿る!ソコル体育運動とその大会は、若者の肉体だけではなく、モラルや知能を鍛えることを目的としています。Sokol は隼(ハヤブサ)を意味します。ソコル体育運動は時代と共にチェコのナショナリズムとなり、1918年のチェコスロバキア建国の際に重要な役割を果た
しました。運動は過去に3回禁止された(オーストリア・ハンガリー二重帝
国/ドイツのナチ/共産主義政権によって)歴史がありますが、幸いなことに永久に消えることはありませんでした。150年に渡り、ソコルの会員たちはお互いを「兄弟 / 姉妹」と呼び合っています。プラハ市内を歩いているとエレガントな見た目の体育館 sokolovna を区域ごとに見かけるでしょう。目印は赤いロゴまたは隼の彫像です。


PORIGAMI_PRAHA_baroko

チェコ国内の都市や村の多くは、バロック建築で満たされています。それらの装飾の遍在は、人々のカトリック信仰を強めるものとなりました。このカードでは、マラーストラナ地区にある聖ニコラス教会を表現しています。共産主義時代が終わると、郊外には変わった外観の低品質な住居が現れ始めました。それらは装飾的なバ
ロック式を無理に模倣しようとしたため、巷では「にわか成金のバロック式」と言われるほどでした。


PORIGAMI_PRAHA_karluv most

カレル橋の上にある屋外バロック彫像ギャラリーを楽しんだのであれば、郊外にある村 Kuks /クックス もお気に召すかもしれません。プラハからは車で約1時間半で行くことができます。村には美しいバロック式建築の病院付きスパがあります。その周囲にはカレル橋上の彫像を主に手がけた彫刻家の一人であるマティアス・ブラウンによって、美しい彫像の装飾が施されています。また近くの森の中にある、キリスト降誕の彫刻ギャラリーもオススメです。


PORIGAMI_PRAHA_stovezata

百塔の街プラハ